隠退牧師の徒然記<585>

牧師の隠退徒然記(2016年3月1日~)<585>
2021年5月17日「母の日を示されながら」


聖書の言葉
アダムは女にエバ(命)と名付けた。彼女がすべて命あるものの母となったからである。
(創世記3章20節)


「5月5日は子どもの日、5月の第二日曜日は母の日。では5月10日は何の日でしょうか。」こんな質問をしたものである。大塚平安教会牧師の頃、二つの障碍者施設に関わっており、それぞれ礼拝を捧げていた。その礼拝のお話で利用者の皆さんに問いかけていたのである。最初はわからなかったが、毎年の質問なので、利用者の皆さんは覚えておられる。「牧師先生の誕生日じゃん」と答えてくれる。ちゃんと覚えて下さる利用者がおられてプレゼントとまで下さる。折り紙で作った物とかで、ありがたくいただくのであった。
その私の誕生日が日曜日と重なることがある。この日は母の日なのである。重ならなくても、我が家の子供たちは、いつもセットでお祝いしている。誕生日と母の日が重なること、それはまた私の人生に深く関わっているのである。私の人生の起点は母にあるからだ。私が牧師であること、幼稚園の園長であること、その出発点は母なのである。ここまで記すと、毎年のように紹介している私の母になるのであるが、今回は私の母の証しは割愛しておく。その代わり、我が家の子供たちの母について記しておこう。
その母とは、連れ合いのスミさんである。1969年にこれから牧師になる者と結婚し、その後は牧師夫人、牧師の奥さんと言われながら歩むことになる。一方、結婚したので三人の子どもが与えられる。子ども達を育てたのである。私は教会の牧師、そして幼稚園の園長であり、職務に勤しむあまり、子育てはスミさんに委ねぱなしであったと思う。子供たちの成長の過程を振り返ったとき、私の存在はどこにもないのであった。スミさんが子ども達を育てたと思っているのである。まだ、いろいろと書きたいが割愛しておく。
そして、2019年3月は金婚式であり、その記念として宮城県の古川を家族で訪問したのであった。この古川で6年半過ごしたのであるが、子供たちの成長期であり、懐かしい日々に思いを馳せたのであった。当日は教会の礼拝にしても、娘の羊子のピアノリサイタルにしても多くの皆さんがおいで下さり再会を喜んでくださった。中でもスミさんとの再会を喜んでくれたのである。そのスミさん、子どもたちのお母さんが、今年になって身体を損ねている。大動脈解離、脳梗塞はいずれも軽いのであるが、療養しつつ過ごしている。そのお母さんを子ども達が交代で見守っている。スペイン在住の羊子が子供の義也と共に二ヵ月間、一時帰国して滞在した。この時期、スペインにしても日本にしても出入国は大変なのであるが、何とかクリアしたのである。星子、優たちも自分の生活があるが、何かと見守りつつお母さんと共に過ごしている。三人の子供たちを健やかに育てたお母さんなのである。三人の子供たちが、社会の皆さんから喜ばれていること、大きな宝物を与えられているのである。子どもたちの存在が大きな励みになっている。

f:id:noburahamu2:20190914213020j:plain
2年前の写真であるが、元気に過ごしていた。
f:id:noburahamu2:20210510173330j:plain
母の日に贈られたお花を喜んでいる。 noburahamu2.hatenadiary.org

隠退牧師の徒然記<584>

牧師の隠退徒然記(2016年3月1日~)<584>
2021年5月10日「何をして過ごそうか」


聖書の言葉
アブラハムが99歳になったとき、主はアブラハムに現れて言われた。「わたしは全能の神である。あなたはわたしに従って歩み、全き者となりなさい。わたしはあなたを祝福する。」
(創世記17章1-2節)


「もうこんな歳なんだ」とつくづく思っている。82歳の誕生日を迎えたのである。現役を隠退したのは2011年であり、その時は72歳であった。30年間務めた教会を2010年に退任したが、続いて他の教会の留守番牧師を担う。それも半年である。その後はどこの教会にも属さないのであるが、娘がピアノの演奏活動をしているスペイン・バルセロナに赴く。2011年には一ヶ月半、2012年には二ヵ月、2014年には三ヶ月の滞在である。2013年にはマレーシア・クアラルンプールで三ヶ月過ごしている。現地の日本人教会の牧師を勤めたのである。そんなことで外国を行き来していたのである。そして、2016年から二年間は横浜の本牧にある幼稚園園長を担うことになる。その任が終わると、引き続き伊勢原の幼稚園に努めることになる。それが三年である。従って、2011年に現役を隠退しても、外国に行ったり、幼稚園の勤めをしたり、2021年3月にようやくお勤めから解放されたのである。ようやく隠退の日々を歩むようになったのである。そして誕生日を迎えたのであるが、思わず「もう、こんな歳なんだ」と思ったのである。
29歳で牧師になり、お勤めをしながらも、本というものをひたすら求めていた。今は読めなくても、隠退したら読書三昧に過ごすためである。次第に増えていく蔵書の置き場所に悩みつつ退任する。そして、隠退後の家に蔵書を収めたのであるが、ここでも収めきれないのである。それでもある程度書棚に収めたのであるが、さて読書三昧で過ごすか、となる。ぎっしりと収められた蔵書を示されながら、何のために本を集めたのか、考え込んでしまうのである。今は紙の時代ではないことを示されているからだ。いくつかの辞書が積まれているが、紙の辞書がなくても、ネットで検索すれば、どんな言葉の意味でも知ることができるのである。小説の類もいくらかは書棚に並んでいるが、小説でもネットで読むことができるである。
何をして過ごそうか、今までは考えたことはない。まず手帳を開けば、その日の予定がぎっしりと書かれている。ネットもメールを開けば、いくつかの連絡が入っている。それらを処理しながら一日が始まるのであった。ところが、今は手帳の予定欄には何も書かれていない。一ヶ月間を見ても、ほとんど予定が記されてないのである。今までは予定されていたことをこなしながら過ごしていたのであるが、今は「何をして過ごそうか」と考えながら一日が始まる。このことを悩んでいるのではなく、むしろ喜んでいるのである。今までは予定に縛られていたが、今は何でもできるということである。「もう、こんな歳なんだ」と嘆いているのではなく、「まだ、こんな歳なんだ」と喜びたいのであるが…。

f:id:noburahamu2:20210510111916j:plain
今でもお招きいただいて教会の講壇に立ち、説教を担当している。
f:id:noburahamu2:20210510112052j:plain
金沢自然公園で、かなりの階段を上り。
f:id:noburahamu2:20210510112203j:plain
孫とも楽しく過ごしながら。
f:id:noburahamu2:20210510112332p:plain
今は本の背読で喜んで。

noburahamu2.hatenadiary.org

隠退牧師の徒然記<583>

牧師の隠退徒然記(2016年3月1日~)<583>
2021年5月3日「観光は自粛ということで」


聖書の言葉
わたしたちの兄弟で、キリストの福音のために働く神の協力者テモテをそちらに派遣しました。それは、あなたがたを励まして、信仰を強めるためです。
(テサロニケの信徒への手紙<一>3章29節)


今年もゴールデンウイークを迎えているが、昨年に続き、今年も自粛の連休となっている。新型コロナウィルス感染は引き続いており、今は第三波であるとか。世界中がコロナウィルスで苦しんでいるのである。折角の5月の連休であるが、感染予防のためにも自粛が必要なのである。人々は自粛を実践しているようで、電車も空の便も空席であるという。しかし、それでも5月の初めは感染者が多く、1000人を超えているとも。
5月の連休だからと言って、この時期に観光で出かけた覚えはない。もっとも我が家の子供たちが小さい頃は、近場であるがあちらこちらへと出かけたものである。その子供たちが成長してからは、一人で登山を楽しんでいた。多くの場合、近場の丹沢とか、旅行会社の登山ツアーである。そのツアーで谷川岳大菩薩峠に出かけている。それらも現役の在任中であり、70歳で隠退してからはどこにもでかけていないのである。だから、連休の頃は昔を思い出しては観光の気分にもなるのであった。5月の連休で思い出すのは、日本全国を訪れたということであろう。2002年10月に日本基督教団の総会書記に選任される。総会には全国から500人の代表議員が参集し会議を開く。二年に一度であるが、その都度、三役としての議長、副議長、書記を選任するのである。四期8年間、書記を担うことになる。三役が中心になって日本基督教団の歩みを担うのである。日本基督教団は全国を17教区に分け、それぞれの地域の歩みとしている。毎年、5月には各教区が総会を開催する。その総会に三役が手分けして訪問するのである。書記として、日本基督教団を代表してそれぞれの教区総会に赴く。ほとんどの教区が4月下旬から5月の上旬に総会を開催している。5月の連休中に開催される場合が多い。三役が分担して訪問することになるが、17教区あるので、一人が三つ、四つの教区を訪問することになる。北海教区、奥羽教区、東北教区等がある。一つの教区には、奥羽教区のように青森、岩手、秋田の三県がある。奥羽教区の総会では岩手県にある教会で開催されることが多いのであるが、観光も楽しみとも思えるのである。しかし、毎年、日本全国の教会を訪問しつつも、観光を堪能することは少なかった。何しろ、多くの場合、一泊か二泊で開催されるが、終わればすぐに帰ってくるのである。自分の職務、教会や幼稚園のお仕事があるからだ。それでも、わずかな時間を利用して、総会後に観光したこともある。東中国教区の訪問の時には出雲大社を観光したし、北海教区訪問の時には札幌市内の観光を喜ぶことができた。九州教区訪問の時には、すぐに帰ってきたし、四国教区の訪問の時にも、すぐに帰ってきたのである。いずれも通過の町々であるが、通過の思い出も楽しいものである。

f:id:noburahamu2:20210503090647j:plain
庭も緑があふれているのであるが、草刈が必要である。
f:id:noburahamu2:20210503090732j:plain
草刈と言っても蕗があるので。

noburahamu2.hatenadiary.org

隠退牧師の徒然記<582>

牧師の隠退徒然記(2016年3月1日~)<582>
2021年4月26日「時代の先端に馴染みつつも」

聖書の言葉
高い山に登れ、良い知らせをシオンに伝える者よ。力を振るって声をあげよ、良い知らせをエルサレムに伝える者よ。声をあげよ、恐れるな、ユダの町々に告げよ。
イザヤ書40章9節)

とうとうスマホを使うようになった。今まではガラケイと言われる携帯電話で、それで満足していたのであるが、スマホなるものを使う気持ちにはならなかった。世の中の人々は、なんであんなにスマホを見つめながら過ごしているのだろう、と思っていたのである。歩きながらスマホを見つめている人もあるが、多くの場合、電車に乗れば、すぐにスマホを見つめているのである。何を見ているのだろうと、ふと横眼で隣の人のスマホを覗いたことがある。ゲームのようなものであったと思う。中には結構な年配の人が一生懸命に見つめていたが、どうやら何かの読み物であるようだ。しきりにスマホの画面にタッチしている若者もいる。乗客の半分以上はスマホを見つめているようだ。私の場合はスマホを持たないからではなく、電車は居眠りの時間なのである。
スマホなるものに興味を示さなくなっているのは年齢のためであろう。年齢を重ねるようになると、あまり情報を求めなくなるし、画面を見続けることが億劫でもある。それにいろいろな操作が面倒でもあるし、今ではわからないのである。昔は、そう若いころは時代の先端を行く文明の利器はいち早く取り入れていた。携帯電話が普及する前はポケベルというものがあった。その頃、園長を担っていたのであるが、電話局の営業の人が来られ、ポケベルという通信手段が出来たので使ってもらいたいという。ポケベルは電話ではなく、呼び出し音の名前である。ポケベルが鳴ると発信場所に電話して要件を聞くのである。外出中にポケベルが鳴る。すぐに公衆電話で連絡するのである。昔、会議で早稲田にある日本基督教団の事務所に行く。終わって、夕刻なので友人らと食事をしているときにポケベルがなる。近くの公衆電話で自宅に電話する。教会に関わる青年が入院しているのであるが、危篤であるという。すぐにタクシーで横浜の病院に駆け付けたのであった。青年は持ち直してくれたので安心したのであるが、ポケベルのありがたさをしみじみと示されたのであった。そしてその後、携帯電話というものが普及し始めるのである。それもいち早く使用するようになる。当初の携帯電話は電話機の子機のようで、携帯と言ってもポケットにも入らないのであった。
文書関係ではタイプを使用していたが、ワードプロセッサーなるものが出始める。当初は玩具のようでもあったが、次第に発達するようになる。そして、パソコンになるのである。時代の先端に馴染んだのはパソコンまでで、その後のスマホなるものは興味を示さなかった。もはや加齢にもよるのである。加齢に伴う認知症を食い止めるためにも、時代の先端に馴染んでみようかと思っているのであるが…。

f:id:noburahamu2:20210426074604j:plain
もはや両手でピアのを弾くようになっており。
f:id:noburahamu2:20210426074734j:plain
楽しい写真を写してくれる孫の義也くん。

noburahamu2.hatenadiary.org

隠退牧師の徒然記<581>

牧師の隠退徒然記(2016年3月1日~)<581>
2021年4月19日「いろいろな言葉を示されながら」


聖書の言葉
そして、だれもかれも、自分の故郷の言葉が話されているのを聞いて、あっけにとられてしまった。「どうしてわたしたちは、生まれた故郷の言葉を聞くのだろうか。」
使徒言行録2章6-7節)


スペイン在住の娘の羊子と子どもの義也が二ヵ月間一時帰国し、バルセロナに戻っていった。無事に帰ることができたのでほっとしたわけである。一時帰国するときにも厳しいチェックがあり、帰国しても二週間は自宅待機で外出はできなかった。滞在中も自宅にいることが求められ、絶えず連絡が入っていた。そしてバルセロナに戻る時にもコロナチェックでPCR検査を行い、証明を示しながら戻ることができたのである。このような状況の中で一時帰国したのは、連れ合いのスミさんの体調がよくないからであった。しばらく入院していたが、今は退院して自宅で療養しているので、戻っていったのである。
ところでこの二ヶ月間、孫の義也君と過ごしたことは大きな喜びであったが、いろいろと考えさせられたのであった。二ヵ月の間に、日本語をしっかりとマスターした義也君である。バルセロナに滞在しているときは、母親の羊子が日本語で話しているが、理解しつつもほとんど日本語で返すことはなかったと言う。ところが日本に滞在している間に、日本語を話すようになったのである。しかも一日中、日本語を話していたのであった。そして、バルセロナに戻ったとき、いつも話されているカタラン語が言葉として出なくなってしまったのである。日本に帰国中もラインで父親と対面していたが、父親はカタラン語であり、それに対して応答が出来なくなってしまったのである。日本に来る前は、日常語のカタラン語、そしてスペイン語を話していたのである。それが一時帰国している間に、日本語になってしまい、スペイン語、カタラン語がすぐに出なくなってしまったということである。スペインの国はスペイン語であるが、地域的な言葉が公に許されている。それがカタラン語である。バルセロナを中心とするカタルーニャ地方の言葉なのである。スペインはそれぞれの地域の言葉が認められているのである。ガリシア語、バレンシア語、バスク語アラゴン語等があり、スペイン語を一生懸命に覚えても、地域によっては通じないこともある。孫の4歳の義也君はスペイン語、カタラン語、日本語を理解できるのであるからたいしたものである。今は、なかなかスペイン語、カタラン語が出てこないようであるが、すぐに流暢に話すようになるであろう。
それにしても言葉の壁というものがあるが、そんなに気にしなくても、それなりに外国に過ごせるものである。数度にわたってバルセロナに滞在し、フランスやイタリアにも行ったりしたが、言葉であまり困らなかった。もっとも、いつも娘の羊子が通訳をしてくれるのであるが、なんとか通じるのである。言葉が通じなくても、一生懸命に日本語を話せば、相手も何とか理解してくれるということである。

f:id:noburahamu2:20210419083201j:plain
日本滞在中、アンパンマンが大好きになり、繰り返しビデオで鑑賞。
f:id:noburahamu2:20210419083520j:plain
楽しく過ごした日本であり、お別れを惜しみつつバルセロナに戻っていく。

noburahamu2.hatenadiary.org

隠退牧師の徒然記<580>

牧師の隠退徒然記(2016年3月1日~)<580>
2021年4月12日「楽しい世界を訪れて」


聖書の言葉
主に望みをおく人は新たなる力を得、鷲のように翼を張って上る。走っても弱ることなく、歩いても疲れない。(イザヤ書40章31節)


幼稚園の園長の職務を退任した時、いろいろと思い出にふけるのであるが、お友達との出会いを喜びつつも、やはりお出かけのことでもあろう。親子の遠足、子ども達だけの遠足、お泊り保育等の思い出が楽しくよみがえってくる。もはや、そのような楽しい時はないであろうと思っていたのであるが、楽しいひと時を過ごすことになったのであった。スペイン・バルセロナ在住の娘の羊子が子供の4歳になる義也と共に一時帰国している。二ヵ月の滞在であり、残る一週間もすればバルセロナに帰るのである。一時帰国しても、コロナ問題で外出は制約がある。遊園地やイベント会場等に連れて行ってあげたいが、感染を危惧するあまり、ほとんどどこにも行かれないのであった。そういう中で、近くにある金沢自然公園にある動物園に連れて行ってあげることにしたのである。4月6日に出かけたのであった。
金沢動物園に行くには二つのルートがある。一つは、車で金沢文庫から釜利谷方面に行き、間もなく動物園の駐車場がある。そこに車を停め、そこから無料のコアラバスに乗り、5分も乗ると動物園の入り口に至るのである。もう一つのルートは、横横道路からの入り口がある。入り口に駐車場があり、もうそこが動物園なのである。便利のようであるが、やはりコアラバスに乗った方が楽しいようだ。動物園は山の上にあり、自然公園と言われるように、自然の中に存在している。樹木、草花豊かな公園なのである。動物園ばかりではなく、遊園地、バーベキュー場もあり、野外で過ごす楽しい場所でもある。
横浜市には三つの動物園がある。一番古くから存在しているのは野毛山動物園である。1951年に開園している。そして、二番目に古いのは金沢動物園で1982年の開園である。私たちが宮城県から神奈川県の教会に赴任したのが1979年であり、しかも実家から近いので数回は訪れている。子供たちもまだ小学生の時代であり、楽しい場所でもあった。そのうち、1999年にはよこはま動物園ズーラシアが開園される。こちらは居住している綾瀬市からも比較的近くであり、幼稚園や教会学校等で子供たちと共に出かけたものである。中でも金沢動物園は自然の中にあり、大人でも散歩にはよい場所であると思っている。
ところで孫の義也君はいろいろな動物を喜んでいたが、目的は別のところにある。隣接する遊園地で遊ぶことなのである。そこには長い滑り台があり、出かけてくる前から滑り台のお話を聞いているので、動物たちとの触れ合いは、あまり興味がないようであった。そして、いよいよ長い、長い滑り台を体験し大喜びであった。ローラー式の滑り台であり、敷物をお尻に当てないと痛くなる。その敷物を売店で求めたが千円近いのである。
久しぶりに自然の中で、動物と触れ合い、そぞろ歩きながらもかなり歩き、心もすがすがしくなり、良い一日であった。こういう散歩なら一人でも来られるかなと思ったのであるが。

f:id:noburahamu2:20210412080654j:plain
金沢自然公園は山の上にある。遥かに房総半島が見える。
f:id:noburahamu2:20210412080852j:plain
童心に帰って、楽しく過ごし。
f:id:noburahamu2:20210412080952j:plain
長い、長い滑り台を楽しんで。
f:id:noburahamu2:20210412081043j:plain
動物園も楽しいけど、やっぱり遊園地が楽しいなあ。

隠退牧師の徒然記<579>

牧師の隠退徒然記(2016年3月1日~)<579>
2021年4月5日「再び新しい世界が与えられ」

聖書の言葉
天使は婦人たちに言われた。「あの方は、ここにはおられない。かねて言われていたとおり、復活なさったのだ。」
(マタイによる福音書28章5、6節)


もはや冬枯れの状況は見られなくなった。我が家の庭は広くもないが、芽生えてきた草花で緑の原になっている。今は蕗の葉が一面というところ。スペイン・バルセロナ在住の娘の羊子が一時帰国しているが、蕗を食したいと収穫すること二度三度。収穫しても収穫しても蕗の庭なのだ。芽生えているのはこの庭の草花ばかりではなく、見渡せば春爛漫の景色ということだ。4月ともなれば、春も盛りの季節なのである。春は眠っていた自然界が、一斉に目覚め、活動始めるので、力をいただくようでもある。そして、すべてが新しく歩みだした時、その意味を示されるのはキリスト教の人々なのである。春はイースターをお祝いするからだ。今年は4月4日にイエス・キリストの復活祭、イースターを迎えている。
キリスト教は年間を通して三つの大きなお祭りを喜んでいる。クリスマスは言うまでもないことで、むしろキリスト教より社会の方が盛大にクリスマスを喜んでいる。クリスマスは12月であり、春になれば、3月の終わりから4月の半ばころの間にイースターを迎えることになる。しかし、イースターのお祝いは社会的には浸透していない。キリスト教の人々が信仰において喜び、お祝いをしているのである。もう一つのお祭りは聖霊降臨祭、ペンテコステである。イエス様の復活後、50日後とされているが、復活されたイエス様が天に昇られ、聖霊としてお弟子さんたちに降ったお祝いなのだ。この聖霊降臨祭については社会の皆さんもご存知ではなく、キリスト教の人々も聖霊降臨を喜びつつもお祝いするほどのイベントはない。
その復活祭であるが、クリスマスのようには大騒ぎはしないが、それなりにお祝いをしている。イースターにはイースターエッグと言い、デコレーションエッグが贈られる。ゆで卵にイースターに関わるシールを貼り、きれいに包装して配布されるのである。以前、その装飾であるが、卵に直接マジックインク等で絵を描いたり、お祝いの言葉を書いたりしていた。マジックインクなので、インクが中まで染み込んで卵が食べられなくなるのである。きれいに装飾されていても、イースターの喜びとしていただくことである。以後、マジックインクで装飾するのを止め、シールを貼ることにしている。
卵には何も装飾を施さないで、きれいなセロファン紙で包み、カードを付けることもイースターエッグなのである。六浦谷間の集会として、このイースターエッグを作ってはお祝いしている。大塚平安教会在任の頃、連れ合いのスミさんがイースターエッグをご近所の皆さんに配ったものである。中には、昔、子供の頃、教会学校に出席されていた方もおられ、懐かしく、喜んでくださっていたのであった。今は、ご近所に配ることはないが、毎週日曜日には讃美歌がうたわれるので、それなりに受け止めて下さっているのである。

f:id:noburahamu2:20210405081654j:plain
お祝いのイースターエッグ。カードは源平桃の花と鈴木家であるが、その裏には孫の義也君が楽しい絵を描いて。

noburahamu2.hatenadiary.org