隠退牧師の徒然記<596>

牧師の隠退徒然記(2016年3月1日~)<596>
2021年8月2日「山とか海とか示されながら」

聖書の言葉
イスラエルの人々は海の中の乾いた所を進んだが、そのとき、水は彼らの右と左に壁となった。主はこうして、その日、人々を救われた。(出エジプト記14章29節)

毎日、オリンピックのいろいろな競技を示されているが、やはり競技の結果が気になる。報道にしても、金メダルを目指している内容であり、もちろんメダルを取れば喜ばしいことであるが、メダルが取れなくても競技に参加したことで、祝福してあげたいと思っている。前回はオリンピックの諸競技を示されながら、自らの山登りの体験を振り返ったのであった。8月には「山の日」があるが、オリンピックの開催日は「海の日」でもあった。やはり夏ともなれば山や海を楽しむことであり、これらを示される休日を喜んでいるのである。前回のブログで、私の人生と山との関係を記したのであるが、今回は海との深い関係について記しておきたいのである。
住んでいる場所は私が4歳頃からである。生まれた場所は横須賀市であり、追浜飛行場の近くであった。戦争が激しくなってきたとき、飛行場の近辺は危険であるということで強制転居させられた場所なのである。この場所から野島海岸は歩いても30分くらいである。少年の頃は、その野島海岸に泳ぎに行ったのであった。友達のお父さんが船大工さんであり、ボートがあったので、その友達とボートに乗っては海の遊びを楽しんでいたのである。もちろん最初から泳げたわけではない。いつから泳げるようになったのか、定かではないが、危なく溺れそうになったことがきっかけで泳げるようになったのであった。今は関東学院の前に侍従川があるが、以前は平潟湾であった。その湾の一部は運河であり、満潮の時にその運河付近で遊んでいたのであった。急に足が底につかなくなり、あっぷあっぷして溺れそうになっていた。その時、夢中になって平泳ぎで岸に向かったのである。それまでは平泳ぎもできなかったのである。それから泳げるようになり、海の水を喜ぶようになったのであった。もしかしたら溺れ死んでいたかもしれない経験でもあった。
そして高校生になってキリスト教の洗礼を受けた。その受ける決心をしたのが海の中であった。教会の青年会の修養会に高校生であったが参加する。海水浴のお楽しみがあり、いつの間に教会の牧師と共に泳いでいたのである。そして自然に洗礼を受ける告白をしたのであった。早速、10月の第一日曜日、世界聖餐日に洗礼を受けたのであった。洗礼には二つの方法がある。一つは全身を水の中に沈めるのである。初期の洗礼は全身を水に沈めるものである。水に沈めて、悪い姿を洗い流すという意味がある。その後、水は象徴であるので、水を頭に注ぐということで洗礼に変えたのである。それでも全身を水に沈めるという意味があるのである。水によって新しい命が与えられると言うことである。
こうして振り返ると、私の人生において、水の意味が深く示されているのである。再び海水浴をしてみたいと思いながらも…。

f:id:noburahamu2:20210802112103p:plain
野島海岸。向こうに見えるのは八景島シーパラダイス。少年の頃はなかったが。
f:id:noburahamu2:20210802112338p:plain
唯一残されている野島海岸の海水浴の写真。日曜学校の夏期学校で。前列左端。
f:id:noburahamu2:20210802112735p:plain
2013年にマレーシア・クアラルンプールの日本語教会の牧師。久しぶりにプールで泳ぐ。
f:id:noburahamu2:20200229162731j:plain
イスラエル旅行で、死海の浮遊体験。塩分が強いので沈まない。

noburahamu2.hatenadiary.org

隠退牧師の徒然記<595>

牧師の隠退徒然記(2016年3月1日~)<595>
2021年7月26日「オリンピックを示されながら」

聖書の言葉
目を上げて、わたしは山々を仰ぐ。わたしの助けはどこから来るのか。わたしの助けは来る。天地を造られた主のもとから。(詩編121編1-2節)


東京オリンピックが開催された。2021年7月23日の開会式をテレビで観戦する。始めから終わりまでテレビの観戦をしたのであるから、たいしたものだと思っている。いつもは、最近はテレビをあまり見ないし、4時間近くもテレビを観戦するなんて、考えられないことでもある。今回は時間もあるし、ゆっくりとくつろいでいるので、観戦する気分になっていた。その日の日中にはオリンピックのメインスタジアムの建設過程をテレビで放映していたので、感心しながら見たのであった。人間の知恵のものすごさをつくづく示されたのであった。そして、いよいよ諸競技が展開される。日頃の訓練、忍耐を示されるときともなる。
80歳を迎えている人たちは、二回目の東京オリンピックを体験することになる。1964年は、何をしていたのであろうかと、しばし歴史を整理するのであった。牧師になるため神学校に入学したのは1963年である。その翌年にオリンピックが開催されたのである。神学校に入るや寮生活であり、東京の目白で過ごしていたことになる。しかし、オリンピックの時には東京にはいなかったのである。神学生の二年生になっていたが、その夏休みに夏期伝道と称して北海道の余市教会で過ごしていたのである。7月の半ばから赴き、8月末に戻ったので、オリンピックの開催中は東京にはいなかったし、夏期伝道に集中していたので、関心もなかったのである。夏期伝道というのは、牧師になるための実習でもある。教会の主任牧師の指導をいただきながら実践を学ぶのであった。
オリンピックと共に、日頃示されていることは運動選手の皆さんである。力を振り絞って競技に臨み、良い成果であれば、人々から賞賛される。しかし、力を振り絞っても良い成果が得られない場合もある。運動選手は競技をすることなので、競技ができなくなれば、やむなくその運動から離れることになる。その後どのように過ごすのであろうか。後継者を育てるとか、そのような職務もあるが、限られた人々であろう。それでも、若い時に運動をしたことが、その後の人生に良い結果をもたらしていると思っている。祝福の人生であると思っている。
私自身、若い頃は何かと運動競技に参加したものである。野球も近所の友達と楽しくしたものである。中学や高校生になったときには卓球部に入ったりしたが続かなかった。まあ、お楽しみ程度であったが、いくつかの運動競技を経験したのであった。その後、青年になり、牧師になってから、登山を喜ぶようになり、友達や我が家の子ども達と共に山登りをするようになる。一人で登山することも。これらの運動が、今の支えになっているのではないかと思っているのである。再び登ろうかと、気持ちはあるのだが…。

f:id:noburahamu2:20210726092015p:plain
20歳頃かと思われるが、八ヶ岳登山。
f:id:noburahamu2:20141010102827j:plain
牧師になって聖地旅行。エジプト領シナイ山に登る。標高2285m。

noburahamu2.hatenadiary.org

隠退牧師の徒然記<594>

牧師の隠退徒然記(2016年3月1日~)<594>
2021年7月19日「鶯谷を喜びつつ」

聖書の言葉
空の鳥をよく見なさい。種も蒔かず、刈り入れもせず、倉に納めもしない。だが、あなたがたの天の父は鳥を養ってくださる。(マタイによる福音書6章26節)


鶯谷」と言えば、東京の山手線の駅名である。上野駅と日暮里駅の間が「鶯谷駅」である。今回は「鶯谷」を説明しているようであるが、その駅に乗り降りしたことがない。神学生時代、6年間は目白の神学校寮に住んでおり、もちろん何かと山手線を利用していた。友人が「日暮里」を「ひぐれざと」と言っているので、「にっぽり」と修正してあげたことが忘れられない。その次の駅が「鶯谷駅」なのである。上野の森の一角にも位置しているので、鶯の鳴き声を喜んでいたのかもしれない。黒田清輝記念館や横山大観記念館があるという。一度は散策したいと思っていたが、果たすことはなかった。今日は、あまり関係のない地名に思いを馳せているが、住んでいる場所が「鶯谷」と思われているからである。
「六浦谷間の集会」として自宅を礼拝の場としているが、まさにこの谷間は鶯の谷間なのである。朝、目覚めると共に鶯の鳴き声が聞こえる。初夏の頃は、「ケキョ、ケキョ」くらいの鳴き声であったが、今は「ホー、ホケキョ」ときれいな鳴き声になっている。ほとんど一日中鳴いているので、うるおいを与えてくれているようだ。しかしまた、この谷間はいろいろな鳥の鳴き声で、騒がしい時もある。鶯の鳴き声はわかるが、他の鳥たちの鳴き声を聞いても、何の鳥なのかわからないのである。「チョットコイ」と鳴くチョーセンキジはわかっているのだが。まあ、何の鳥でも、騒がしくても鳥たちの谷間になっていることは何よりである。時々、リスも負けじと「ケラケラ」と叫んでいる。
もはや7月も後半になり、夏の風物詩が盛りになりつつある。蝉の声である。蝉たちも、朝も明けるとともに鳴き出すのである。スペイン在住の娘の羊子家族が一時帰国した時、朝から蝉たちの大合唱で目覚めさせられたと嘆いていた。今はミンミン蝉、そのうちツクツク法師、そしてヒグラシ蝉の時期になると、夏の風物詩が終わるのである。夏の風物詩が終わっても、里山の名残でもある山の斜面の樹木が動物たちの憩いの場になっている。この地には私が4歳の頃から住んでいるのであるが、里山に囲まれた安らぎの谷間であった。今は、里山の面影がないくらい住宅が密集している。どこもみんな住宅になっているのである。近くにあったかなり広い貸し駐車場も閉鎖されている。四軒の家が建てられるとか。次第になくなっていく地面でもある。
しかし、我が家の裏の斜面、谷間の樹木はなくならないだろう。このオアシスを鳥たちが喜び、思いっきり鳴いている。リスの一家も居住している。他にも動物たちが生息しているのであろう。単に「鶯谷」ではなく、動物たちの安らぎの森なのである。その緑を見つめるだけでも癒されるのであった。

f:id:noburahamu2:20210716074935j:plain
緑の傾斜は鶯の宿である。
f:id:noburahamu2:20210716075001j:plain
いろいろな鳥、動物が生息している。
f:id:noburahamu2:20210716075012j:plain
この緑を眺めるだけでも癒される。

noburahamu2.hatenadiary.org

隠退牧師の徒然記<593>

牧師の隠退徒然記(2016年3月1日~)<593>
2021年7月12日「週報350号の発行を感謝しつつ」

聖書の言葉
エスのなさったことは、このほかにも、まだたくさんある。その一つ一つを書くならば、世界もその書かれた書物を収めきれないであろう。(ヨハネによる福音書21章25節)


六浦谷間の集会として発行している「週報」が2021年7月11日で350号となった。六浦谷間の集会として礼拝をささげるようになったのは、2010年11月28日からである。その年の3月末に、30年間6ヵ月務めたことになる大塚平安教会を退任した。しかし、求められてその年の4月からは横浜本牧教会の代務者及び早苗幼稚園の園長を担うことになる。同教会の牧師が10月に就任するので、それまで留守番牧師であり、また園長なのである。そして予定通り10月に専任牧師が就任したので退任する。ようやく現役の職務が終わったのである。それからはどこの教会にも属さない無任所牧師として過ごすことになり、のびのびと過ごすことになるのである。しかし、キリスト教の世界に生きてきて、職務が終わったので、どこの教会にも出席しない、というわけにはいかない。日曜日にはどこかの教会の礼拝に出席しなければならない。そのことについては退任する前から連れ合いのスミさんと話し合っていたことでもある。無任所となった10月中は関係する教会の礼拝に出席する。私の出身教会の清水ヶ丘教会、スミさんの出身教会である高輪教会である。そして、関係する教会の牧師就任式が行われたので礼拝から出席したのであった。そんなことでいくつかの教会に出席していたが、いよいよ今後の進路を決めなければならない。「どこの教会に出席しようか」と思いめぐらしていたのである。
どこの教会に出席するのではなく、自宅で礼拝をささげよう、ということになる。いくつかの条件を満たしていたからだ。まず、牧師と信徒がいるということである。そして、土曜日には礼拝説教ができているということである。退任する前から説教をブログで公開するようになっている。説教も用意されている、牧師と信徒がいる、このところで礼拝をささげることにしたのである、それが2010年11月28日である。礼拝をささげるので礼拝順序が必要であり、当初は礼拝順序だけをプリントしたのであった。約半年間、プリントしていたが2011年5月29日に週報第1号を発行したのである。今年で10年になるのである。10年間週報を発行していれば、今年は500号となるのであるが、必ずしも毎週の発行にはならなかったのである。まず、退任してから7年間は、月に一度であるが横須賀上町教会の礼拝説教に招かれていた。礼拝説教と共に聖餐式も担当していたのである。そして、隔月になるが三崎教会の礼拝説教に招かれている。今でもお招きいただいているのである。そして、外国滞在で六浦谷間の集会はお休みとなる。スペイン・バルセロナには三回の滞在であるが、合わせると約6ヵ月である。マレーシア・クアラルンプールには3ヶ月滞在している。このように留守機関もあるが、今でも週報を発行することができ、感謝しているのである。個人的な要素が多いが、歴史にもなるので。

f:id:noburahamu2:20210712090529j:plain
六浦谷間の集会第一回礼拝の「礼拝順序」プリント。
f:id:noburahamu2:20210712090427j:plain
左が2011年5月29日発行の週報第1号、右が2021年7月11日発行の週報350号。
f:id:noburahamu2:20210712090600j:plain
7月11日発行の週報350号の内容。

noburahamu2.hatenadiary.org

隠退牧師の徒然記<592>

牧師の隠退徒然記(2016年3月1日~)<592>
2021年7月5日「ぬくもりを感じるので」

聖書の言葉
聖書はすべて神の霊の導きの下に書かれ、人を教え、戒め、誤りを正し、義に導く訓練をするうえに有益です。(テモテへの手紙<二>3章16節)


スペイン・バルセロナに在住の娘の羊子から連絡があり、母親であるスミさんに筆字を書いてもらいたいという。書いてもらいたい筆字の文字は四つある。これからリリースする予定のCDケースの内容表示の上書きにするのだという。早速、スミさんに書いてもらうことにした。スミさんは専門に書道の修行をしたわけではないが、若い時から筆字に接していたので、「好きこそ物の上手なれ」で、結構な字を書いている。そのことについては、サロンに通っていたので、そこで書いた筆字が施設の合同展覧会に出品されている。スミさんは娘の羊子が、お母さんの上手な筆字をCDケースの上書きにしたいとの要望を受け止め、さっそく筆を握ったのであった。出来上がった作品をスキャンして送ったのであった。
そんなことがあったので、私の筆字歴を顧みたのであった。「下手だね、君の筆字は」と言われたことが原点となっている。中学時代、書道の時間があり、その時、つくづく言われた言葉が「下手だね」ということであった。多くの場合、そのように言われてしまうと、敬遠したくなるものだが、いつも先生の言葉が頭から離れなかったのである。そして、中学を卒業して高校に進んだのであるが、毎日、朝の登校時の道すがら「下手だね」と言われた書道の先生に会うことになる。いつも帽子を取ってはお辞儀していたのである。だから高校生の三年間は「下手だね」と言われた先生にお会いすることになり、いつまでも「下手だね」が忘れられない言葉になっていたのである。その後、神学校に進み、卒業して牧師になったとき、「下手だね」の言葉が頭にあったが、だからと言って書道で習字をすることもなかった。習字はしなかったが、書くことには注意を払うようになっていたことは確かである。ワープロの時代になり、パソコンを駆使するようになっても、筆字に対する思いは変わらなかった。何かと筆を使っては書くようになっていた。
牧師として、教会の皆さんに聖書や讃美歌を贈呈したりするときも、いつもその扉には記念の言葉を記していたのである。そして、幼稚園では毎年の卒業生には聖書を贈呈しているが、一人ひとりの聖書に記念の言葉を筆字で書いていたのである。卒業生が多い時には、昔のことであるが50名もいたのである。そうすると、今まで随分と多くの皆さんに筆字のサインをしていることになる。筆字で書かれた聖書の言葉が、その人にとって、人生の励ましであることを願っているのである。「下手だね」が原点であるのだが。
娘の羊子は今までもCDのリリースをしている。「スペイン曲」「日本曲」「グラナドス曲」であるが、今回は自作の曲をまとめ、リリースすることにしている。そこに母親のスミさんの筆字が入るので、祝福の記念CDになるだろう。

f:id:noburahamu2:20210706101042p:plain
スペイン曲演奏のCD
f:id:noburahamu2:20210706101209p:plain
日本の曲を演奏CD
f:id:noburahamu2:20210706101338p:plain
グラナドスの曲を演奏
f:id:noburahamu2:20210706101803p:plain
スミさんの書

noburahamu2.hatenadiary.org

隠退牧師の徒然記<591>

牧師の隠退徒然記(2016年3月1日~)<591>
2021年6月28日「誰かが担いつつ」

聖書の言葉
(ご復活のイエス様は)、次いでヤコブに現れ、その後すべての使徒に現れ、そして最後に、月足らずで生まれたようなわたしにも現れました。(コリント人への手紙<一>15章7-8節)


6月24日は前週の木曜日であったが、その日はしばし歩みを振り返ったのであった。一般の社会では何の意味もないが、日本基督教団に属する人々は、心にとめる日でもあった。この日は「日本基督教団」が設立された日であり、それは1941年であるから、今年で創立80年ということになる。その頃の日本はアジア侵略で意気盛んであり、何事も国が結束して国力を高めることであった。日本のキリスト教は明治の文明開化と共に諸教派が流入し、それぞれの信仰において歩んでいたのである。そのような状況であったが、国が一つになって戦っているのであり、キリスト教の諸教派も一つになることの指導が行われたのである。それで1941年に諸教派が合同して設立されたのが日本基督教団であった。もっとも必ずしも国の強制ばかりではなく、諸教派が一つになることが教派内でも話し合われていたのである。その頃はまだ太平洋戦争が勃発していない。太平洋戦争はその年の12月8日に、日本軍がアメリカ軍の真珠湾攻撃により始まるのであり、設立された日本基督教団であったが、戦争の厳しい状況の中で信仰の歩みをするのであった。合同教会になったが、太平洋戦争のさなか、外国の宗教とされたキリスト教に対しては厳しく監視されつつ歩んだのである。そして1945年に日本が敗戦を宣言した時、合同教会であった諸教派の人々は、元の教派に戻っていくのである。しかし、せっかく合同したのであるからと、そのまま合同教会として残った。そこから真の日本基督教団の歩みが始まったと言えるのである。
このところで日本基督教団の経過とか、状況とかを説明するつもりはない。こんなところで論ずることはできない。示されていることは、このような合同教会という組織において、担う人々のいるということである。担う人々はそれぞれの教会に属する牧師や信徒の皆さんなのである。それぞれの教会に遣わされており、それぞれの教会のお勤めがあるのであるが、それと共に合同教会としての日本基督教団の職務を担うということである。考え方からすれば、「余計な事」を担うことになる。自分の属する教会でも、何かと職務があるのに、自分の教会以外のことをしている、との意見も出てくるのである。そのような意見をいただきながら、実は私も「余計な事」をしたのである。2002年から2010年まで日本基督教団総会書記として選任され、8年間も務めたのであった。日本基督教団は2年に一度、総会を開催する。その総会の職務もあるが、書記としての勤めはいろいろとある。教会の牧師、幼稚園の園長、二つの施設の嘱託牧師、刑務所教誨師、少年員篤志面接委員等の職務を持ちながら務めたのであった。人によっては「余計な事」であるが、大切な職務を担わせていただいたと示されている。私のような器であっても…。

f:id:noburahamu2:20210628134726p:plain
神奈川教区の総会。以前の総会であり、大勢の人々が一堂に会して会議を行う。
f:id:noburahamu2:20210628134940p:plain
2002年の日本基督教団総会で書記に選任される。
f:id:noburahamu2:20210628135054p:plain
新任牧師のオリエンテーションが、毎年天城山荘で開催され、三役として参加していた。

noburahamu2.hatenadiary.org

隠退牧師の徒然記<590>

牧師の隠退徒然記(2016年3月1日~)<590>
2021年6月21日「美しい心へと導かれ」


聖書の言葉
花を咲かせ、大いに喜んで、声をあげよ。砂漠はレバノンの栄光を与えられ、カルメルとシャロンの輝きに飾られる。人々は主の栄光と我らの神の輝きを見る。(イザヤ書35章2節)


キリスト教の教会では6月の第二日曜日を「こどもの日・花の日」としている。子どもたちの良い成長を祈る日なので日ある。そのために教会の礼拝堂に花を飾り、子ども達を祝福したのである。この行事はアメリカの教会で始まり、日本にも伝えられる。しかし、日本の戦争中はキリスト教にたいして厳しく監視されていたので、「こどもの日・花の日」の行事はなかったのかもしれない。それが日本の敗戦後には復活しているのである。日本の戦争の敗戦は1945年であるが、それから3年後には「こどもの日・花の日」が行われているのである。1948年頃になるが、私の母は病院に入院していた。その母をお見舞いしてくれたのが、病院の近くにある教会の日曜学校の子どもたちである。その日は「こどもの日・花の日」であったと思う。突然知らない子供たちが病室を訪れる。そして、お花をいただいたのであるが、「早く良くなってください」との言葉をいただいたのであろう。見ず知らずの子ども達から花を贈られ、お見舞いの言葉をいただいた母は、感動には余りがある。その後も入院していたのであろうが、秋には退院している。そしてある日曜日、母はその頃は小学校3年生であった私を連れて、母を見舞ってくれた教会の日曜学校に行ったのである。花をいただいたお礼を述べると共に、今後は息子が日曜学校に出席しますからよろしくお願いします、と挨拶したのであった。それからは日曜日になるとその教会の日曜学校に通わされたのである。そのことが基となって、一人の牧師、伝道者が生まれたのである。
毎年、6月になると自分の原点を示される。「花の日」が原点であり、母はキリスト教の信仰はさておき、どのような姿勢であろうとも「他人様に喜んでもらう人になってもらいたい」との願いから、息子を日曜学校に通わせたのであった。その課題は私の生涯の目標でもある。まだ達成したとは思わない。思えば「花の日」が原点であるが、母の名前は「ハナ」である。何か不思議なお導きでもある。しかし、6月に「花の日」があるが、6月はあまり花がない状況である。牧師になってから、毎年、この6月には「花の日」の礼拝をおこなうのであるが、子ども達が持参する花は、多くの場合「アジサイ」なのである。花屋さんにはいろいろな花があるが、この時期は比較的に割高でもある。家庭に咲く花はと言えば、「アジサイ」なのである。どんな花でも良いということである。お花にお恵みを下さっている神様は、まして私たちにはそれ以上のお恵みを下さっていることを示めされたいのである。そしてお恵みに支えられているのであるから、自分に与えられている賜物を用いながら、日々、喜びつつ歩むことなのである。「花の日」の意義を示される歩みを、6月の歩みから示されている。

f:id:noburahamu2:20210621082701p:plain
庭の雑草の中にも、きれいな花が。
f:id:noburahamu2:20210617153230j:plain
庭の一角にはアジサイの花も。
f:id:noburahamu2:20210617153345j:plain
空を仰げば、すがすがしい青い空が。
f:id:noburahamu2:20210621083106p:plain
二十歳頃に描いた母の絵。モデルになった母を思う。

noburahamu2.hatenadiary.org